日本人台湾留学生に日本企業が採用に当たって期待するイメージと気をつける点

三井物産等でご活躍された山本幸男氏から、就活にのぞむ卒ゼミ生へのメッセージが届きました。ご紹介します。


台湾進学ゼミのみなさんへ


① 台湾留学経験者については、言葉は日本語、英語、中国語の3か国語が堪能であることを期待します。ただし、日本人的素養や常識をまず身に着けていることが重要です。入社した場合、他の外国人留学生職員の模範レベルであることが強く望まれます。



② 語学だけでなく専門分野がしっかりしていることが肝要です。特にこれからの時代ニーズにあったAIデジタル分野での強みが強く期待されます。日本の現状は、絶望的に出遅れています。AIデジタル分野における人材が不足しています。台湾はこの分野ですでに日本より進んでいます。台湾に留学した人たちには語学だけでなく、専門分野とAI運用力を持っていることが期待されます。

                     三井物産中国駐在13年

                     台湾日本人会・日本工商会総幹事6年

                     台湾協会・台湾所長6年 他 山本幸男氏

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示